>

大事な歯の神経を抜くとどうなってしまうのか

歯医者の内容

そもそも歯医者さんとはどういったところなのかご存知でしょうか。

私たちの知っている歯医者さんは、歯もしくは歯に関連した組織に関してのさまざまな疾患に対応している科のことを指しています。
いわゆる内科とか外科なのかと聞かれますと、どちらかというと外科の仲間になります。

また、一言で歯医者さんと言いましても、それなりに種類が分けられています。
虫歯や歯周病を中心に治療をしている一般歯科や歯の矯正を請け負っている矯正歯科、口の中を受け持つ口腔外科と子どもさん担当の小児歯科があります。
俗に言う歯医者さんはこれらの歯科を言っていると思っていてもいいでしょう。
なので、そういった疾患が見つかりましたらまず歯医者さんの門を叩いてみましょう。

どんな人がいるか

そして歯医者さんではどんな役割の方がいるかを知っていますか?

まず主に治療を行ってくれるのが歯科医師さんですね。
そして、歯科医師さんのサポートを行うのが歯科衛生士です。
歯の健康状態をチェックしてくれたり、それを基に患者さんへ歯の手入れの仕方についてのアドバイス・予防処置などを指導してくれます。
また、治療した歯に被せるための詰め物を作る歯科技工士さんやさまざまな雑務をしてくれる歯科助手さんとそれぞれ役割が違うのです。
あとこれは病院によるのですが、放射線技師さんや言語聴覚士さんも在籍していることもあります。

ちなみに、実は日本では歯科医師さんと内科などの医師さんでは医師免許が完全に別れているのです。
ですので、歯科医師さんが例えば内科や小児科で働いたり診断したりするのは不可能ですし、逆もまたしかりです。


この記事をシェアする