>

歯の神経を取るのは一体なぜなのか

虫歯の進行から判断

人が歯の神経を抜く原因として最も多いのが、虫歯が進行しているからだということです。

実は、虫歯の進行具合は4段階に分けられているのです。
簡単に言いますと、まだまだ初期段階の状態からもうどうしようもないところまでを4つの段階に区別をしているのです。
その中で、C3(第三段階)になってしまうとほぼほぼ手遅れになってしまっていると言ってもいいでしょう。
と言いますのも、C3までになると虫歯菌がもう歯の神経に達してしまっているので、ちょっと水を飲んだだけでも激痛が走ってしまうし、最悪の場合痛みのせいで眠るのもままならなくなってしまうのです。

ですので、もう痛みを取り除くにはその歯を抜くしかもう方法はないのです。

虫歯以外の理由

このように、歯の神経を抜く理由としては虫歯が主なのですが、それ以外のケースも実は存在しているのです。

その一例を少しずつ挙げていきたいと思います。
例えば食事をしたときに常に歯がしみてしまういわゆる知覚過敏という状態が重度になってしまい、それ以外の治療では治る見込みがないというときもその対象になってしまいます。
また、ケガが原因で歯が割れてしまいそれが神経に達してしまっているときや、なんらかの理由でその歯を他の場所に移植するときもありえます。

このように一口に歯の神経を抜くと言っても、いろんなケースや症状があるのでいつ誰にそのときが訪れてもおかしくはないのです。
そうならないように常日頃から気を付けておきたいものです。


この記事をシェアする