>

歯の神経を取る方法とその後

治療法を見てみよう

では肝心のその治療法をほんの少しですが、のぞいて見てみましょう。

歯の神経の場合は、ただ単に抜歯するよりもはるかに難しいとされています。
まずはその対象の虫歯をこれでもかとまで削り、神経を露出させます。
次はその露出させた神経を取り除きます。
そして歯の根幹内の神経も取り除き、根幹自体も拡大していくようにします。
全てのものを取り除いたら最後に、抜いた部分に薬をつめて再感染を防ぎます。

このように思った以上に手がかかる手術ですし、患者さんの負担が身も心もとんでもなくかかってしまうことなのです。
ですので、歯の神経を抜くのは歯医者さん側にとっても患者さん側にとってもものすごく疲れ切ってしまう治療法とも言えるのかもしれませんね。

神経を抜くメリットとデメリット

そんな歯の神経を抜くことに関してのメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

まずメリットについてですが、痛みを感じなくなったり他の病気の進行を止められるということが主に挙げられます。
確かにそれはとてもありがたいことですね。

ですが、デメリットももちろん存在しています。
よくあることを取り上げると、歯がもろくなったり変色したり、さらにはその患部が数年後にまた痛くなったりすることもあるのです。

このように、歯を抜くということはむしろデメリットの方が大きくなっていくのです。
そういった背景があるので、歯医者さん側も正直あまり抜くことは勧めていないのですが、どうしようもなくなりもう最終手段として抜歯を行っているわけなのです。


この記事をシェアする